トランクルーム 神戸【最安値】を比較してみましたよ!

神戸でトランクルームをお探し中のかた、どうぞ参考に♪

こんにちは、最新の “トレンド情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、トランクルーム【神戸】最安値を比較してみました。

神戸でトランクルームをお探し中のかた、どうぞ参考になさってください。

神戸のトランクルーム事情

神戸は古くから貿易の街として栄え、山を切り開いて住宅地が作られているなどもあって丘が多く、坂道が続くエリアの特徴を持ちます。

貿易が栄えた街には古美術品や骨董品を販売するお店も多くあり、こうしたお店の中には買い取りも盛んに行われています。

坂道が多い場所は住宅地を造成する時にはひな壇にし、日当たりの良い環境を持つ住宅地が作られました。

家の中には収納スペースはあるものの、古美術品や骨董品などを買い集める人にとって、家の収納スペース内には家財道具よりも骨董品類など趣味の道具類が溢れる傾向を持ちます。

こうした道具類は手元に置いておきたいと考える人は多い中、家族からの反対もあり、トランクルームを借りて大切に保管する人も少なくありません。

坂道が多いエリアなどの場合、車を所有していなければ買い物も大変など、身近な場所にあるトランクルームに家財道具を保管して家の収納スペースを広々使っている人も多いようです。


では、神戸でトランクルームの【最安値】を比較したレポートにいきたいと思います。

今回はハローストレージ、スペースプラス、宅トラといった、特に口コミの評判が良かった3社をピックアップさせていただきました。

神戸で【最安値】を比較 ~お勧めのトランクルーム~


【 ハローストレージ 】

神戸でトランクルームを借りる人の中には、知名度が高い会社のサービスを利用したいと考える人も多いのではないでしょうか。

ハローストレージは全国に店舗展開を続けている会社で、6万以上のトランクルームを展開しており、業界の中でもナンバーワンを目指している会社です。

神戸エリアには15カ所前後のハローストレージのトランクルームがあります。

その中の一つに、「ハローストレージ神戸東灘」がありますが、このお店は阪神電鉄阪神本線の深江駅より徒歩約13分の場所に位置しています。

ハローストレージは屋内型のトランクルームと屋外型のコンテナタイプのレンタルスペースを用意しており、この店舗は屋外型のコンテナタイプのレンタルスペースになります。

県道やバイパスなどを車で走っている時、オレンジ色のシャッターが付いているコンテナタイプのトランクルームを見かけた事があると言う人も多いかと思われますが、ハローストレージはこのオレンジ色のシャッターが目印になっているのが特徴です。

さらに、馴染みやすさを生むために、ハローキティを起用するなど、女性にも安心して利用出来るようなイメージの工夫が取られています。

「ハローストレージ神戸東灘」は2階建てのコンテナタイプのレンタルスペースで、広さとしては1.5帖タイプから最大8帖タイプまで5種類が用意されています。

天井までの高さは広さや階数に関係なく、223cmあるので身長が大きな人でも立ったままで出し入れが出来、室内での整理も容易に出来るようになっています。

ちなみに、コンテナタイプのレンタルスペースは、床の上に直に置くよりも、簀子などを設置してから荷物を置く事で、換気などの効果もあるのでお勧めです。

但し、ハローストレージのコンテナ内には通気口が設けられているので風が通る仕組みになっているため、よっぽどのものじゃない限り、そこまで気を使う必要もないかもしれません。

コンテナは鉄板だけではなく断熱材が使われているため、外気温度差を小さくしてくれるなどの効果もあります。

また、ハローストレージのトランクルームの中には、複数の店舗が近距離に集中している所もあります。

例えば、ハローストレージ神戸長田には「パート1(日吉)」、「パート2(駒ヶ林)」、「パート3(新長田)」、「パート4(湊川)」の4施設があります。

「パート1(日吉)」は長田区日吉町にある施設で、JR山陽線の鷹取駅より徒歩約7分、新長田駅より徒歩約11分、神戸市営地下鉄西神線の板宿駅より徒歩15分など、駅から徒歩圏内で利用出来る施設です。

「パート2(駒ヶ林)」はJR山陽線の新長田駅より徒歩約14分、「パート3(新長田)」はJR山陽線の新長田駅より徒歩約7 分、「パート4(湊川)」は市営地下鉄山手線の長田駅より徒歩約10分など、いずれも駅から徒歩圏内で利用出来るトランクルーム施設を用意しています。

自宅から近い場所、駅から近い場所などで施設を選びたいと考える人は多いかと思われますが、ハローストレージの店舗の場合は、同じ広さでも店舗が異なる場合は使用料が異なっているケースもあります。

4つの店舗はすべて2階建てのコンテナタイプで、1.5帖の1階の使用料を比較すると次のようになります。

「パート1(日吉)」は7,200円、「パート2(駒ヶ林)」は7,800円、「パート3(新長田)」は8,400円となっており、それぞれ使用料金が異なる事が分かります。

さらに、ハローストレージは店舗によりキャンペーンを実施してますので、そういったタイミングで借りることが出来るとかなりお得にトランクルームを利用できるのではないでしょうか。


■ハローストレージ
~神戸での最安使用料~

2,040円~/月(1.5帖)(※期間限定キャンペーン価格) ※ハローストレージポートアイランドパート1の場合


http://www.hello-storage.com/

神戸でお勧めのトランクルーム【ハローストレージ】はコチラへ

【 スペースプラス 】

スペースプラスは初期費用を節約出来るトランクルームとして人気を集めています。

ハローストレージの場合は、当月分の使用料を日割りで計算して、翌月分までの使用料を合算します。

これについてはスペースプラスも同じなのですが、ハローストレージは管理費が2か月分、事務手数料や鍵代などが必要になります。

これに対して、スペースプラスは使用料の他に、事務手数料として賃料の1か月分のみで、管理費や鍵代などが不要です。

そのため、スペースプラスを利用した場合、初期費用を節約出来るわけです。

但し、契約開始が20日以降の場合には翌々月の使用料を事前に支払う事になるので、利用するタイミングを考えておけば少ない費用で利用する事が出来るようになります。

スペースプラスは兵庫県内には15カ所のトランクルームがあり、その内2カ所が神戸市内にあります。

長田区および西区の2か所になりますが、長田区の場合は屋内型、西区の場合は屋外型のコンテナタイプなどの違いがあります。

広さとしては、長田区の物件が0.8帖~1.9帖、賃料は5,500円から、西区の物件は1.6帖~4.1帖で賃料は8,000円からになります。

長田区の物件は屋内型のトランクルームで、二重ロック、自動照明、24時間換気、全室棚付き、稲葉製トランクルーム、24時間利用可能などの特徴があります。

賃料は、0.8帖タイプが5,500円、1.3帖タイプが8,500円、1.9帖タイプが12,500円で利用する事が出来ます。

仮に、7月の初旬に借りた場合、0.8帖タイプであれば7月分の日割り使用料、8月分の使用料、事務手数料として5,500円を合計した金額で借りる事が出来ます。

一方、西区の物件は屋外型のコンテナタイプで、敷地内舗装、車の乗り入れが可能、24時間利用可能などの特徴を持っています。

屋内型とは異なり、外にコンテナがあるため、目の前まで車を横付けして出し入れが出来る利便性を持っています。

しかも、24時間利用が出来る施設ですので、夜間の照明などの設備があるため安心して出し入れが出来ます。

賃料は1.6帖タイプが8,000円、2畳タイプが10,000円、最も広いサイズの4.1帖タイプが20,000円になります。

ちなみに、近隣エリアには「スペースプラス加古川」もあります。

こちらは神戸市の物件ではありませんが、スペースプラスの公式サイトを利用した場合、近隣エリアにある店舗の情報も同時に入手が出来るようになっています。

トランクルームは満室の状態になっているケースもあるので、近隣エリアの情報を併せて入手出来ると、探す手間を省いてくれるなどのメリットもあるわけです。

尚、屋内型の場合には内部に棚が設けられていますが、コンテナタイプの場合には棚などがありません。

これはレンタルスペースを自由に使えるようにするため、あえて棚を設けていないわけです。

しかし、細かなものを整理したい時など棚があると便利ですし、コンテナ内部は天井までの高さが2.03mになるので立ったままで作業が出来ます。

棚などを購入して室内に設置しておけば整理する時にも便利ですし、ダンボールを単に積み重ねるよりも、必要なものを探す時など棚に収めておいた方が探しやすいなどのメリットもあります。

コンテナに釘などを打ち込む事は出来ませんが、中古品などで販売している棚を購入すれば、費用をそれほどかける事なく、トランクルームの有効活用が出来るのでお勧めです。


■スペースプラス
~神戸での最安使用料~

5,500円~/月(0.8帖) ※スペースプラス長田久保町の場合


http://www.spaceplus.jp/case/

神戸でお勧めのトランクルーム【スペースプラス】はコチラへ

【 宅トラ 】

宅トラは、ハローストレージやスペースプラスとは違ったサービスを提供しているトランクルームです。

保管する場所は神戸ではなく、茨城県にあるので自分で荷物を出し入れする事は出来ません。

しかし、配送業者が必要な荷物を運んでくれ、運ぶ場所も自宅だけではなく外出先でも可能などの特徴を持っています。

一般的なトランクルームの場合、屋内型や屋外型などに関係なく、必要な荷物は自らが施設に取りに行く事になりますし、荷物を保管したい時には車などを利用して荷物を施設に運ぶ事になります。

ハローストレージやスペースプラスは24時間いつでも出し入れが出来るので便利ではありますが、真夜中に一人で荷物を保管しに出掛けたり、取りに出掛けるのは何かと物騒ですし、特に女性一人で取りに行くとなると不安も大きくなります。

ましてや車を持っていいないと、トランクルーム自体を利用することは難しいと言えます。

しかし、宅トラはウェブ上で保管してある荷物管理が出来るようになっていて、必要な荷物を選べば配送業者が自宅や外出先に届けてくれるサービスを行っているのです。

そのため、新しいスタイルのトランクルームとも言えるでしょう。

宅トラの利用料金ですが、保管料と配送料の2つの支払いが必要になります。

最初に支払いが必要になるのが保管のための登録料で、宅トラにはミニBOXとレギュラーBOXの2タイプが用意してあるので、どちらを利用するのかを決めておく必要があります。

これは登録料や保管料に違いがあるからで、サイズを把握した上でニーズに合うコースを選ぶ事が大切です。

ちなみに、ミニBOXは幅および奥行きが104cmで、高さは130cmになります。

ダンボールなどのサイズを計測すると、おおよそのサイズを把握しやすいので利用して見ると良いでしょう。

レギュラーBOXは幅および奥行きが104cm、高さは170cmになります。

ミニBOXの登録料は19,000円、1か月間の保管料は4,980円、レギュラーBOXの登録料は22,000円、1か月間の保管料は6,000円などの違いがあります。

尚、保管期間は最低6か月以上になっているので、事前に半年以上利用する事を前提として申し込みを行う必要があります。

宅トラの公式サイトの中では1か月間の保管料や登録料などの料金が明確になっていると同時に、入出庫配達費用の紹介も行っています。

但し、この入出庫配達費用は関東エリアの場合で、神戸エリアの場合は別料金になるので注意が必要です。

詳しくは、公式サイト内の問い合わせフォームやサイト内に掲載してあるフリーダイヤルに電話を掛けて確認すると良いでしょう。

さらに、入出庫配達費用は荷物の3辺の長さを合計したもので、3辺の合計が60cmまでなら1,305円(税込み)などの用に表記が行われています。

しかし、ミニBOX全部、レギュラーBOX全部をまとめて配送して貰いたい場合には一部入出庫配達費用ではなく、全量出庫の費用になります。

但し、全出庫費用よりも、一個単位で出庫した方が安くなるケースもありますが、この場合は宅トラが一部出庫費用の合計額で精算してくれるので安心です。

1年に1~2回程度の入出庫の場合などでは宅トラは便利なサービスです。

例えば、釣り道具やスキー道具などを宅トラで保管しておく、スキーに出掛ける時に出庫サービスを利用して道具をスキー場に配達して貰う、スキーを楽しんだ後は再び入庫手続きを行って保管しておけば、手ぶらの状態でスキーなどを楽しむ事が出来るわけです。


■宅トラ
~神戸での最安使用料~

4,980円~/月(ミニBOX)


https://www.takuhaitrunk.com/

神戸でお勧めのトランクルーム【宅トラ】はコチラへ

まとめ

神戸エリアには宅配業者が茨城にある倉庫まで入出庫してくれる宅トラ、主に屋外型のコンテナを使ったレンタルスペースを用意しているハローストレージ、神戸エリアには屋内型と屋外型の2つのトランクルーム施設を用意しているスペースプラスなどがあります。

トランクルームは普段家の中で使わないものを保管する、趣味の道具を屋内型のトランクルームに保管しておいて、趣味を楽しむ時には施設に通うなど、色々な使い道があります。

宅トラの場合は、自らが荷物の出し入れを行うものではないので、外出先にも配送してくれるなどのメリットがありますし、屋外型のトランクルームの場合は車を横づけして荷物の出し入れが出来るなどの、それぞれのトランクルームのサービス毎に魅力を持っています。

各社それぞれ一長一短ありますので、どうぞご自身のライフスタイルに合わせてご検討してみて下さい。


神戸でお勧めのトランクルーム一覧




■LINK■